FANDOM


これ本当に怖いんですよ…

あるとき俺と山本っていう人がな、仕事から歩いて帰ってきてたんだよ。そしたらな、山本のケイタイがピロピロとなり始めたんだよ。

電話を耳にあわせて聞いていたら、なんか女の声が聞こえるんだよ。

気味悪いなあー と思ったんだよ。

まあ、そのときは何も別に起こらなかったけどさ、あれから1年たち、山本が突然死んだってゆうんだよ。

そのことを、部長から聞いた夜、おれの電話がなりはじめたんだ。

「もしもし、おれですが」

「あなた、後ろ見てちょうだい。」

ふりかえるとそこに大きなうんこがナイフをもって突っ立っている。

「うぎゃあああああああああ!!!」

その後、おれはなにもおぼえていない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki