FANDOM


Jeff Killer.jpg

とある地元新聞の記事より抜粋:

不吉な未知の
殺人鬼は未だ
逃亡中。

原因不明の殺人事件から数週間後、不吉な未知の殺人はいまだ増加中である。少しの証拠が発見された後、殺人犯の被害の一つを生き残った若い男の子が、勇敢に彼の体験を告白した。

少年は「私は悪夢を見たせいで夜中に目を覚ましました」「私はベッドに行く前に、窓が閉ざされていたと覚えていたが、それらがなぜか開いているのをを見た"と言う。「私は立ち上がって、もう一度窓を閉じ。その後、私は再び眠りにつこうとしました」「そのとき、私は誰かが私を見ていたような不思議な感覚を持ちました」「それを見た瞬間、私はベッドの上で飛び上がりました」「窓のカーテンの隙間から小さな光が零れ落ちていて、そこに二つの目が見えたのです」「その眼は暗く、不吉で、一目で普通の目つきでないと分かりました」「それは黒く縁どられていて、私を怯えさせるには十分でした」「それは私が彼の口を見た時でした」「奴は私の全身の毛が逆立つほど不気味な笑みを浮かべたのです」「奴はその場でたたずんだまま私を見ていました」最後に-永遠に続くように思えるほどの静けさの後に-奴は簡単な言葉を口にしました。それが、狂人の発し得たただ一つの言葉でした」

「『- 眠りな。 』そう奴が私に言葉を投げた瞬間、私は悲鳴を上げていました」「奴は私の心臓めがけてナイフを振りかざし、私のベッドの上で飛び跳ねました」「私は彼に反撃しました-蹴り、殴り、転げまわって、なんとか奴をぶっとばそうとしました」「父が駆けつけた時、奴が投げたナイフが父の肩に突き刺さりました」隣人のひとりが警察に警告しなかったら、奴はおそらく父と私を殺していたかもしれない」

「彼ら-隣人たち-は駐車場に車を入れドアに向かって走っていきました。すると男は身をひるがえして玄関にむかい駆け下りました。私は、ガラスが砕けるような衝突音を聞きました。私が部屋から出てみると、家の裏手の窓が割れているのが見えました」「外を見ると、すでに奴の姿は遠すぎて見えなくなっていました」 「-ただ一つだけ言えることがあるとすれば、私は奴の顔を二度と忘れはしないだろうということです。-あの凍えるような、悪意に満ちた瞳、そしてあの狂気に満ちた笑いは、二度と私の脳裏から消えることはないでしょう」

警察はこの男を捜索中です。もしこの証言に合致する人物を目撃した場合は、すぐに最寄の警察署​​に連絡してください。



ジェフと彼の家族は、単に新しい近所に移動していた。彼のお父さんは仕事で昇進を得ていた、と彼らはそれがそれらの "空想"地区の一つに住んでいるのがベストだろうと思った。ジェフと彼の兄弟劉はしかし文句はありませんでした。新しい、より良い家。愛してたものではなかった?彼らはアンパックなっていたように、彼らの隣人の1はによって来た。

"こんにちは"と、彼女は「私はバーバラです。 、私はまあ、私はちょうど私の自己紹介をし、私の息子を紹介したいと思ったあなたからの通りを渡って住んでいます」と述べた彼女は向きを変えて、彼女の息子の上に呼び出します。 「ビリーは、これらは私たちの新しい隣人です。 "ビリーはハイテクと述べ、彼の庭で遊ぶために戻っ走った。

"まあ、 "ジェフのお母さんは「私はマーガレットだし、これは私の夫のピーター、そして私の2人の息子、ジェフと劉」と語った。彼らはそれぞれ自己紹介をした後、バーバラは彼女の息子の誕生日にそれらを招待した。母親は、彼らがするのが大好きだと言ったとき、ジェフと彼の兄弟は、オブジェクトとしていた。ジェフと彼の家族は、梱包が完了したら、ジェフは彼のお母さんに上昇した。

「ママ、なぜあなたは、いくつかの子供のパーティーに私たちを招待するのだ?あなたが気づいていない場合は、私はいくつかのダムの子供じゃない。 "

「ジェフは、 「彼の母は言った、 「私達はちょうどここに移動、我々は、我々は今、我々はそのパーティーになるだろうし、それは最終的です私たちの隣人との時間を過ごしたいことを示している必要があります。 "ジェフは話を始めたが、彼は何もできなかったことを知って、自分自身を停止しました。彼のお母さんが何かを言ったときはいつでも、最終的でした。彼は彼の部屋まで歩いて、彼のベッドにそのまま流しこむ。突然、彼は奇妙な感覚を得たときに彼は天井を見てそこに座っていた。あまりない痛みが...変な感じ。彼はいくつかのランダムな気持ちとしてそれを却下した。彼は、彼の母親は彼のものを得るために彼を呼び出して聞いて、彼はそれを得るために歩いた。

次の日、ジェフは、朝食を取得するために階段を歩いて学校の準備ができました。彼はそこに座って、彼の朝食を食べて、彼は再びその感覚を得た。今回はそれが強かった。それは彼にわずかに揺さぶるの痛みを与えたが、彼は再びそれを却下した。彼と劉は、朝食を終えたとして、彼らはバスの停留所まで歩いて行った。彼らはバスを待ってそこに座って、そして、突然、スケートボードにいくつかの子供は、彼らの上に彼らのラップ上だけインチを跳んだ。二人とも驚いて戻って飛び込んだ。 「ねえ、何地獄? "

子供が上陸し、それらに引き返し。彼は最高の彼のスケートボードを蹴り、彼の手でそれをキャッチしました。子供は約12であると思われる。ジェフより1年若い。彼はAEROPOSTALEのシャツを着て、青色のジーンズをリッピング。

"我々はいくつかの新しい肉を得たようにまあ、まあ、よく。に見えます。 "突然、 2他の子供たちが現れた。一つは、スーパースキニーだった他は巨大だった。 「ここに新しいしているので、まあ、私は自分自身を紹介したいと思い、上のキースがあります。 "ジェフと劉さんはスキニーの子供に引き継が見えた。彼はあなたが相棒を持っていることを期待するぼーっと顔を持っていた。 「そして、彼はトロイだ。 "彼らは脂肪の子供で見渡し。ラードの浴槽について話しています。彼はクロールされて以来、彼は行使していなかったようにこの子は見えた。

「そして、私は、 「最初の子供が言った、 「あなたが私のドリフトをキャッチした場合ランディです。さて、このエリアにあるすべての子供たちのためにバス代のための小さな価格がある。 "劉さんは、彼の友人の一人が彼にナイフを引っ張ったときに子供の目からライトをパンチする準備ができて、立ち上がった。 「舌打ちは、 TSK 、 TSK 、私はあなたがより協力的になる期待していたが、それは我々がこの難しい方法を実行する必要がありそうです。 "子供が劉まで歩いて、彼のポケットから彼の財布を取った。ジェフは再びその感覚を得た。今、それは本当に強かった。灼熱感。彼は立ち上がったが、劉さんは座って彼をジェスチャー。ジェフは彼を無視して子供まで歩いた。

「私の仲間の財布や他のお返しに、少しパンクここに聞いてください。 "ランディは彼のポケットに財布を入れて、自分のナイフを取り出した。

「ああ?そして、あなたは何をしますか? "彼は刑を終えたのと同じように、ジェフは鼻の中に子供をポップ。ランディは彼の顔を伸ばした結果、ジェフは子供の手首をつかんで、それを破った。ランディは悲鳴とジェフは彼の手からナイフを手にした。トロイとキースはジェフを急いが、ジェフはあまりにも速かった。彼は地面にランディを投げた。キースは彼を激しく非難するが、ジェフは腕の中で彼をダッキングして刺した。キースは彼のナイフを落とし、地上叫びに落ちた。トロイは、あまりにも彼を急いだが、ジェフにもナイフを必要としなかった。彼はただまっすぐ胃の中でトロイを打ち抜き、トロイは下って行った。彼が落ちたとして、彼はすべての上に吐いた。劉さんはジェフに驚いて見てますが、何もしない可能性があります。

「ジェフあなたどうだった? "それは、彼が言ったすべてだった。彼らは来て、バスを見て、彼らは全体のことのために非難されるだろう知っていた。そこで、彼らは速く、彼らができる限り実行し始めました。彼らが走ったように、彼らは戻って見て、バスの運転手は、ランディと他の人に引き継が急いで見ました。ジェフと劉が学校にそれを作ったとして、彼らは何が起こったのか教えて勇気がなかった。彼らがしたすべては、座って聞いていた。劉は彼の弟は、いくつかの子供を叩きのようにそのことを考えたが、ジェフはそれがより知っていた。それは怖いものだった。彼はその気持ちを持って、彼は衝動だけで、誰かを傷つけるために、それがいかに強力なと感じました。彼はそれが聞こえたか好きではなかったが、彼は幸せを感じずにはいられなかった。彼は奇妙な感じが離れて行く、学校の一日のために近づかないと感じました。彼が原因バス停近く全部に家を歩いて、そしてどのように今、彼はおそらく、もうバスに乗ることはないとしてもとして、彼は幸せを感じた。彼が家に着いたとき、彼の両親は彼の日がいかに彼に尋ねた、彼は、やや不吉な声で言った「それは素晴らしい一日だった」翌朝、彼は彼の正面玄関でノックを聞いた。彼は母親が怒っ表情で彼を振り返って、ドアに2人の警官を見つけて歩いた。

「ジェフは、これらの役員には、三人の子供を攻撃していることを教えてください。それは、通常の戦闘ではなかった、と彼らは刺されたことない。刺さ、息子! "ジェフの視線は、それが本当だったことを彼の母親を示す、床に落ちた。

「ママ、彼らは私と劉にナイフを引っ張ったものでした。 」

「息子は、 「警官の1は、 「我々は3子供たちは、 2刺し、 1が彼の胃にあざを持って、我々はあなたがシーンを逃げたことを証明する証人を持っています。今、どのようなことが私たちに教えていないか? 」と言ったジェフはそれは使用しなかった知っていた。彼は、彼と劉が攻撃されていたと言うこともできますが、最初に攻撃それは彼らではなかった証拠は存在しなかった。彼らは、真実は彼らがいたと言われるので、彼らは、逃げていなかったと言うことができませんでした。だからジェフは自分自身や劉を守ることができなかった。

「息子は、あなたの兄弟を下に呼び出します。 "それはすべての子供たちを打ちのめす彼だったのでジェフは、それを行うことができませんでした。

「サー、それ...それは私だった。私は、劉さんは私を我慢しようとしました。子供を殴るが、彼は私を止めることができなかったものだった。 "警官は彼のパートナーを見て、彼らは両方うなずく。

"まあ子供は、 Juvyの年のように見えます..."

「待って! "劉氏は述べています。彼らはすべて彼がナイフを持っ見て見上げた。役員は彼らの銃を引っ張り、劉上にロックされています。

「それは私だった、私はそれらのほとんどのパンクを打ちのめす。それを証明するマークを持っている。 "彼は闘争していたかのように彼は、切り傷やあざを明らかにするために彼の袖を持ち上げた。

「息子は、ちょうど下にナイフを入れ、 「役員は述べています。劉さんはナイフをかざし、地面にそれを落とした。彼は彼の手を入れて、警官に引き継が歩いた。

「いいえ劉さんは、それは私だった!私はそれをやった! "ジェフは彼の顔を下に実行して涙を持っていた。

「えっ、貧しいBRO 。私がやったことのために責任を取るしようとする。さて、私を奪う。 "警察はパトカーに出劉を導いた。

"劉さんは、それは私だったそれらを教えて!それらを教えて!私はこれらの子供たちを打ちのめす1だった! "ジェフの母親は彼の肩に手を置く。

「ジェフは、あなたが存在するようにお召し上がりにならないでください。私たちは、あなたが停止することができ、それは劉のを知っています。 "パトカー内部劉とオフスピードとしてジェフはどうしようもなく見ていた。数分後にジェフの父はジェフの顔を見て、何かが間違っていた知って、私道に引っ張った。

「息子は、それがどのような息子です? "ジェフは答えることができなかった。彼の声帯は泣いてから緊張した。その代わりに、ジェフの母親はジェフが私道で泣いたように彼に悪いニュースを破るために内部の父親を歩いた。時間かそこら後にジェフは、彼の両親は、ショックを受け、悲しい、と失望の両方あったことを見て、家に戻っ中歩いた。彼はそれらを見ませんでした。彼はそれが彼のせいだったとき、彼らは劉を考えどのように見ることができなかった。彼はちょうど彼の心から全部を取得しようと、眠りについた。二日は、 JDCの劉からのNOの単語と、過ぎた。たむろする友人なしません。悲しみと罪悪感が、何もない。それはジェフが幸せ、日当たり顔をして、彼の母親によって目が覚めている土曜日、までです。

「ジェフは、それが一日だ。 "彼女はカーテンを開け、彼の部屋に光の洪水をさせようと彼女は言った。

「何が、今日は何ですか? "彼が目を覚ましかき立てるとしてジェフを尋ねた。

「なぜ、それはビリーのパーティーです」彼は今、完全に目を覚ました。

「お母さん、あなたは正しい、冗談だ?あなたは私の後にいくつかの子供のパーティーに行くことを期待しないでください... "長い沈黙がありました。

「ジェフは、我々は両方の私はこのパーティーは今、服を着る在りし日を明るくしたものかもしれないと思います。何が起こったかを知っています。 "ジェフの母親は部屋を出て歩いて、階下自身準備をする。彼は立ち上がった彼自身を戦った。彼は、ランダムなシャツとジーンズを拾い、階段を降りて歩いた。彼はすべてのドレスアップ彼の母親と父親を見た。スーツドレスと彼の父の彼の母親。彼らはこれまで子供のパーティーにそのような派手な服を着るだろう、なぜ彼は、と思った?

「息子は、すべてのあなたが着用しようとしていることでしょうか? "ジェフのお母さんは言った。

「あまりにも多くを身に着けているよりも優れています。 "彼は言った。彼の母親は彼に大声で叫ぶように気持ちを押し下げと笑顔でそれを隠した。

「今ジェフは、我々は、オーバーを着ても良いが、これはあなたが印象を作りたい場合は、あなたが行く方法です。 "彼の父は言った。ジェフはぶつぶつと彼の部屋まで戻った。

「私は派手な服を持っていない! "彼は階段を下りて叫んだ。

「ちょうど何かを選ぶ。 "彼の母と呼ばれる。彼は彼が空想を呼ぶようなもののために彼のクローゼットの中に周りを見回した。彼は特別な行事やアンダーシャツのために持っていた黒のドレスパンツのペアを見つけた。彼はしかしそれに行くためにシャツを見つけることができませんでした。彼は周りを見回し、そして唯一のストライプ化とパターン化されたTシャツを見つけました。はいずれも、ドレスパンツに進みます。最後に彼は、白のパーカーを発見し、上に置く。

"あなたはそれを着ている?"これらは両方とも言った。彼の母親は、彼女の時計を見た。 「ああ、変更する時間が。ちょうど行こません。 "彼女はジェフとドアの外に彼の父を群がっとして彼女は言った。彼らは、バーバラとビリーの家に通りを渡った。彼らはドアをノックし、それをバーバラは、ちょうど彼の両親と同じように、道のオーバーを着ていることを思われた。彼らはすべてのジェフの中に歩いているとされた成人、 Noキッズ見えなかった。

「子供たちは庭に出。ジェフ、約あなたが行くと、それらのいくつかを満たしているかですか? "バーバラは言った。

ジェフは、子供たちの完全な庭に外に歩いて行った。彼らは奇妙なカウボーイの衣装で走り回って、プラスチック銃でお互いを撮影した。彼は同様にトイザラスに立っている可能性があります。突然、子供が彼のところに来て、彼におもちゃの銃や帽子を手渡した。

「おい。ワナのpway ? "彼は言った。

「ああ、ない子供。私はこのようなもののためにあまりにも古いです。 "子供はその奇妙なpuppydog面で彼を見た。

「 Pwease ? "子供が言った。 「ファイン」、ジェフは言った。彼は帽子をかぶり、子供たちで撮影をふり始めた。最初、彼はそれが完全にばかげていたと思ったが、その後、彼は実際に楽しみを持って始めた。それは、超クールではなかったかもしれないが、それは彼が劉の離れて彼の心を取ったことをしたのは初めてだった。彼は音を聞いたまで、彼は、しばらくの間、子供たちと遊んだ。変な回転騒音。それは彼のヒット。ランディ、トロイ、そしてキースすべては彼らのスケートボード上のフェンスを飛び越えた。ジェフは、偽の銃を落とし、帽子を食い物に。ランディは燃える憎しみとジェフを見た。

「こんにちは、ジェフは、それを何ですか? "彼は言った。 「我々はいくつかの未完の仕事を持っている。 "ジェフは彼の傷ついた鼻を見ました。 "私たちは、私はあなたのがらくたを打つと、あなたが私の兄はJDCに送信されます。でも、だと思う。 "

ランディは彼の目に怒りの視線を得た。 「ああ、いや、私は勝利のために行く、でものために行くしないでください。あなたが今日ではないことを1日に私たちの尻を蹴ったが、している場合があります。 "彼はランディはジェフで駆けつけたことを言ったように。どちらも地面に落ちた。ランディは鼻の中にジェフを殴って、ジェフは耳で彼をつかんで、頭が彼を突き。ジェフは彼のオフにランディをプッシュして、両方が自分の足に上昇した。子供たちが叫んでましたし、両親は家の外に実行していた。トロイとキースの両方が彼らのポケットから銃を引っ張った。

「誰も中断しないか、根性が飛ぶでしょう! "彼らは言った。ランディはジェフにナイフを引っ張って彼の肩にそれを刺した。

ジェフは悲鳴を上げ、彼の膝に落ちた。ランディは顔​​で彼を蹴り始めた。 3キックの後にジェフはランディが地上に落下させる、彼の足とひねり、それをつかむ。ジェフは立ち上がってバックドアに向かって歩いた。トロイは彼を手にした。

「いくつかの助けが必要ですか? "彼は襟の裏でジェフをピックアップし、パティオのドアを通って彼をスローします。ジェフは立ってしようとしたとして、彼は地面にキックさ。彼は血を咳をし始めるまでランディを繰り返し、ジェフを蹴って開始します。

」 、ジェフに来て私と戦う! "彼は最高のジェフをピックアップし、台所に彼をスローします。ランディはカウンターの上にウォッカのボトルを見て、ジェフの頭の上にガラスを砕く。

"ファイト!"彼が戻って居間にジェフをスローします。

「私を見て、ジェフさあ! "ジェフは、血だらけの彼の顔を一瞥。 「私はあなたの兄弟は、 JDCに送信されました!そして今、あなたはここに座ってばかりつもりだし、彼は一年のためにそこに腐敗しましょう​​!あなたが恥じるべきだった! "ジェフは立ち上がって開始します。

「ああ、ついに!あなたが立って戦う! "ジェフは彼の顔に彼の足、血とウォッカになりました。もう一度、彼は奇妙な感じ、彼はしばらく感じていない中で1を取得します。 「最後に、彼は最高だ! "ランディは、彼はジェフで動作するように述べています。それが起こるときです。ジェフ内部何かがスナップします。彼の精神は、破壊されたすべての合理的な思考がなくなって、彼が行うことができるすべては、殺すです。彼はランディをつかみ、杭は、地面に彼をドライブします。彼は彼の上に取得し、まっすぐに心の中で彼をパンチ。パンチが停止するランディの心を引き起こす。ランディは息をあえぎとして。ジェフは彼を下にハンマー。パンチの後にパンチ、彼は1最終息を取り、死ぬまで、血液は、ランディの体から噴出。

誰もが今ジェフを見ている。両親、泣いて子供もトロイとキース。彼らは簡単に自分の視線から分割し、ジェフで自分の銃を指していますが。ジェフが見るには、彼に訓練された銃だと階段実行されます。彼が実行されるとトロイとキースは、各ショットが存在しない、彼に火をしてみましょう。ジェフは階段を実行します。彼はトロイとキースが背後にフォローアップ聞こえます。彼らは弾丸の彼らの最終的なラウンドを出すようにジェフは浴室にアヒル。彼はタオルラックをつかんで壁からそれをリッピング。 、ナイフが準備ができましたトロイとキースのレース。

トロイは離れてバックアップジェフ、で彼のナイフを振るとトロイの顔にタオル掛けを前髪。トロイは、ハードダウンし、今残っているのがあるのはキースです。彼はしかしトロイよりも機敏で、ジェフはタオルラックを振った場合アヒル。彼はナイフを落とし、首ジェフをつかんだ。彼は壁に彼を押した。漂白剤の事は一番上の棚から彼の上に倒れた。それはそれらの両方を焼失し、彼らの両方が悲鳴を上げるようになった。ジェフは、最高の彼ができたとして、彼の目を拭った。彼はタオルラックを引き戻すとストレートキースの頭にそれを振った。彼がそこに置くように、死に出血、彼は不吉な笑みを漏らす。

「何がそんなにおかしいの? "ジェフに尋ねた。キースは、軽いを取り出して、それをオンに。 「おかしい何が、 「彼は "あなたは漂白剤やアルコールでカバーしているということですが」と言った。キースは彼にライターを投げたとして、ジェフの目が拡大した。とすぐに炎が彼と接触したように、炎がウォッカアルコールに火をつけた。アルコールは彼を燃やしながら、漂白剤は、彼の肌を漂白。彼は火に引っ掛かっとしてジェフはひどい金切り声を出す。彼は火を展開しようとしたが、それは使用しなかった、アルコールが彼の歩行地獄作った。彼は廊下を走り、階段から落ち。彼らはジェフを見た誰もが、今火の男は、地面にほぼ死んでドロップし、悲鳴を上げ始めた。ジェフが見た最後のことは、彼の母親と炎を消すしようとしている他の親だった。彼は渡されたときです。

ジェフが目を覚ましたとき、彼は彼の顔の周りに巻かキャストを持っていた。彼は何も見えなかったが、彼は彼の肩にキャストを感じたし、すべての彼の体の上にステッチ。彼は立ち上がろうとしたが、彼は彼の腕にいくつかのチューブがあったことに気づき、彼が立ち上がっしようとしたとき、それは落ちた、と看護師はインチ殺到

「私はあなただけで、まだベッドから出ることができるとは思わない。 "彼女は彼のベッドで彼を戻し、チューブを再挿入などと述べた。ジェフは、ないビジョンを持って、そこに彼の周囲が何であったかの見当も座っていません。最後に、時間後に、彼は母親を聞いた。

「ハニー、あなたは大丈夫ですか? "彼女は尋ねた。ジェフは、しかし答えることができなかった彼の顔は覆われていた、と彼は話すことができませんでした。 「蜂蜜ああ、私は素晴らしいニュースを持っている。すべての証人はランディがあなたを攻撃しようと告白し、警察に話した後、彼らは劉を手放すことにしました。 "これはジェフはほとんど彼の腕から出てくるチューブを思い出し、途中で停止し、アップボルトた。 「彼は明日発売されるだろうし、その後、二人は再び一緒になることができるようになります。 "

ジェフの母親はジェフ抱擁、彼女の別れは述べています。数週間は、ジェフは彼の家族が訪れた場所のものだった。それから彼の包帯を除去すべきであった​​日が来ました。彼の家族は、彼がどのように見えるか、それを見るためにすべてがあった。医師がアンラップとしてジェフの顔皆から包帯は自分の席の端にあった。彼の顔の上にカバーを固定して、最後の包帯がほとんど除去されるまで、彼らは待っていた。

「のは最高のために期待しましょう​​、 「医者は言った。ジェフの面から、残りの落下させる、彼はすぐに布を引っ張る。

ジェフの母親は彼の顔を見て悲鳴。劉とジェフの父の凝視畏敬の念に打たれた彼の顔を。

「何が?私の顔に何が起こったのか? "ジェフは言った。彼はベッドから急いでトイレに走った。彼は鏡を見て、苦痛の原因を見ました。彼の顔。それは...それはひどいものだ。彼の唇は赤いの深い色合いに焼けました。彼の顔は真っ白な色になって、彼の髪は茶色から黒に調印した。彼はゆっくりと彼の顔に手を置く。それが革のようなものは今それを感じていた。彼はその後、バックミラーで戻って彼の家族を見た。

「ジェフは、 "劉氏によると、 「それは悪いことではありません...."

「悪くはない? "ジェフは「それは完璧です! "と言った彼の家族も同様に驚きました。ジェフは抑え切れずに彼の両親は彼の左の目と手がけいれんしていることに気づいた笑い始めた。

「ええと...ジェフは、あなたは大丈夫ですか? "

「大丈夫ですか?私はもっと幸せに感じたことがない! haaaaaaハッハッハ、私を見て。この顔は私と一緒に完璧に行く! "彼は笑って止めることができなかった。彼はそれを感じて、彼の顔を撫で。鏡でそれを見て。何がこの原因となった?さて、あなたはジェフは彼の心にランディの何かを戦っていたとき、彼の正気は、スナップことを思い出すことがあります。今、彼はつまり、彼の両親は知りませんでした、狂気の殺人マシンとして残されました。

「医者」「大丈夫、あなたが知っている...私の息子です。頭では? "ジェフのお母さんは言った

「ああ、この動作は、鎮痛剤の非常に大量の撮影した患者のための典型的なものである。彼の行動は、数週間のうちに変化し、ここで彼を取り戻す、と我々は彼に心理テストをしますしない場合。 "

"あああなたに医者に感謝します。 "ジェフの母親はジェフに渡った。 「ジェフ、いとう。それが行く時間だ。 "

ジェフは彼の顔はまだ狂気の笑顔に形成され、ミラーから離れて見える。 「ケイママ、ハハhaaaaaaaaaaaa ! "彼の母親は、肩で彼を取り、彼の服を得るために彼を連れて行った。

「これは入ってきたもので、 「デスクの女性は言った。ジェフのお母さんは彼女の息子が着ていた黒のドレスパンツと白のパーカーを見て見下ろした。今、彼らは血の清潔だったと、今縫い合わせ。ジェフの母親は彼の部屋に彼を導いたし、彼は彼の服を置いた。それから、彼らは、これは生活の最終日だったことを知らず、残しました。

その夜遅く、ジェフの母親は浴室から来る音に目が覚めた。誰かが泣いていたかのように聞こえた。彼女はゆっくりとそれが何だったか見るために上に歩いた。彼女がトイレに見えたとき、彼女は恐ろしい光景を見ました。ジェフはナイフを取り、彼の頬に笑顔を刻まれていた。

「ジェフ、何をやってるの?」彼の母は尋ねた。

ジェフは彼の母親に引き継が見えた。 「僕は笑顔でいられなかった。それはしばらく後に傷つける。今は、いつまでも笑顔で入れられる。」

ジェフの母は彼の目の周りが黒くなっていることに気づいた。

「ジェフ!どうしたのその目!」彼の目は、全く瞬きしていなかった。

「僕、自分の顔が見えないんだ・・・。きっと、目が疲れているんだ・・・。瞼も火傷しちゃって。僕の新しい顔だよ」ジェフの母親はゆっくりと彼女の息子は非常識つもりだったのを見て、離れてバックアップを開始した。 "?私は美しい間違っママが何をしないかの?

「息子はい"と、彼女は「はいあなたは。私はパパに行くのL -letが、彼はあなたの顔を見ることができる"と述べた。彼女は部屋に走ったし、彼の眠りからジェフのお父さんを横に振った。 「ハニー、 .....銃たちを得る」彼女は戸口にジェフを見た彼女はナイフを持って、停止しました。

「ママ、あなたは嘘をついた。 "つまり、ジェフはそれらの両方を骨抜き、ナイフでそれらを突入として、彼らは聞く最後のことだ。

弟の劉さんは、いくつかのノイズにびっくり、目が覚めた。彼は他に何も聞いていないので、彼はちょうど彼の目をシャットダウンし、スリープ状態に戻ることを試みた。彼は眠りの境界にあったように、彼は誰かが彼を見ていたという奇妙な感覚を得た。ジェフの手が彼の口を覆った前に彼は、見上げた。彼はゆっくりと劉にそれを突入するナイフは準備ができて提起した。劉さんはジェフのグリップを脱出しようとあちこちで大敗。

ジェフは言った。”Just go to sleep.”

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki